福井県看護連盟 福井県看護連盟サイトトップページへ
福井県看護連盟

助産師という仕事:連盟ふくい座談会:福井県看護連盟


連盟ふくい座談会:助産師という仕事福井県看護連盟座談会 助産師という仕事


施設、地域の助産師が密接に協同して、出産・育児のお手伝いをしていくことが大事。

司会

私は、自分が育児をして母親側に立つことで、地域でもフリーの助産師さんたちが素晴らしい活動で育児支援をされているという事を知り、すごいなって思いました。

私自身は現在病院で働いているんですが、勤務助産師と地域で活躍されている助産師が協同して社会貢献への取り組みが出来ないかとよく考えます。

川端

市町村によっては一応退院して出生届が出たら、地元の保健センターが新生児訪問や健診、お子さんの成長チェックなど、いろいろフォローする事になっているんですが、1ヶ月健診までは空白の時期なんですよ。でも、お母さん方にとってはそこが一番助けて欲しい時期なんですよね。

もし施設側から「このお母さん大丈夫かな」という情報が早めに保健センターに入れば、1ヶ月健診までに訪問に行けますし、そこでチェック出来るとお母さんも違ってくるのではないかと思います。

司会

そこのパイプをしっかり繋いでおくということですね。

施設側でも特殊なケースや母親が精神的に疾患をもっているなどのケースは必ず報告しますが、それ以外でも必ず情報がいくようにできればいいんですけど。

川嶋

私もそう思いますけど、最近は個人情報の問題があって、その方のOKがないとどうしても連絡がとりにくいというのがありますね。病院としても助産師としてもそこがネックで苦しんでいるところでもあります。

現在、母乳外来に来ていただいたり、そこで育児相談を受けたりという活動をして少しでも繋いでいかなければと思っています。

司会

そういう場は、お母さん方にとって心強い場所ですね。

内田

これだけ核家族になってきますと、お母さん自身もどこへ相談して良いかわからないでしょうから、私達がどういうことをフォローしたら良いかということも努力していくのが大事ですよね。

川端
産後、赤ちゃんを抱いて診察に訪れる際、育児について日頃困っていることなど、助産師に様々なアドバイスを求めてくる母親も多い。

そうですね。お母さん方も結構自分のやりたい事が分かっていて、自分の答えを確認みたいな形で相談に来られる方もいらっしゃるので、話をしながら自分の持っている情報を整理して、自分なりに答えが出るように導いていくのがいいかなと思います。

宮永

私自身は、職場に居る時は地域のつながりというのは分からなくて、職場をやめて保健推進員をしてから、初めてこんなふうに産後の赤ちゃんの様子を見守るんだなというのが分かってきました。
現場で働いている方々に、そういう地域の活動を知っていただいて、声掛けとか連絡がスムーズにできればいいですね。

司会

本当に、そう思いますね。

宮永
助産師の職場は専門性が高い。それだけ専門的な部分をより深く学んでいくことが必要なのだが、それと同時に『助産師は専門性が高い分、看護職としての視野が狭くなりがち』ということも自覚し、常に幅広い知識を得ようと学んでいくことも重要である。

それと助産師はね、かなり職場は限定されますし、専門を深めないといけない仕事ゆえに視野が狭くなると思うんですよ。それで、ある程度病院にいる間にいろいろな科の勉強をさせていただいて、総合的な医療っていうのを少し学ばないと人間的にいびつになりやすいのではないかな、と。

いろいろな病気について学んでから、その後に産科も専門的なものを深めていく。あるいは、地域の事についても情報を入れるようにしていかないと、繋がりがなかなか出来ないと思います。

長いスパンで患者さんをみていかないといけないし、そういうところに焦点を絞って、もう少し横の連絡・縦の連絡を密にしていかないと駄目なのかなと思います。

司会

これからは助産師の職業は実践、経験がとても大切になってくると思います。今、とても有難い事に、自分の病院でも助産師がたくさん増えまして、今までできなかった事がマンパワーの充足によってできるようになってきました。

けれども、やっぱり経験が少ない分、対応が薄くなってしまったり、なかなか信頼が得られなかったりという事もあるので、諸先輩たちがつくられた知識や心を受け継いで、私たちがまた後輩に伝えていくという役割も担っていきたいと考えています。

宮永

そうですね、大切なことですよね。

司会
司会:岸本千鶴さん
市立の総合病院に3年間看護師として勤務した後、助産師学校に進学し助産師の資格を取得した後、同病院に助産師として勤務する。
妊産褥婦やその家族、患者さんに喜んでいただける温もりのある看護を。そして自分自身も楽しく活き活きと看護できるよう日々心掛けている。

自分たちもまだまだ未熟ですので、今は新人が入ってきても教えるという事がなかなか難しいなというふうに感じています。
でも最初に教えられた事、学んだ事というのは助産師の道を歩んで行く上でとても大切な基礎・土台になるので、病院の中で未熟な私たちの知識や経験だけでなく、地域の助産師さんの力もお借りして、いろいろな事を学んでいって、今言われた縦のつながり、横のつながりを密にしていきたいなというふうに感じました。

本日はお忙しい中ありがとうございました。
大切な貴重なご意見やお話を今後とも参考に施設で、また地域で活かしていただきたいと思います。